よくある質問と回答集

サービス利用について

Q1

社内で何人か利用者を持ちたいのだが?別料金になるのか?

A1

貴社の管理ご担当者(全権管理者)が、利用者マスタエントリー機能により利用者登録を行うことができます。IDはいくつ増やしても料金は増加しません。利用者の権限は2種類あり、有料メニューも利用できる「管理者」権限と無料メニューのみ利用できる「担当者」権限がありますので、用途に合わせてご登録下さい。

Q2

利用期限はあるのか?契約更新などは必要か?

A2

お客様もしくは弊社の双方から特別な意思の表示がない限り、ご利用期間の有効期限は自動的に1年間更新されます。

Q3

サービス利用時間は?

A3

ご利用時間は、原則として365日(閏年は366日)1日24時間です。
お問い合わせ対応時間は、土曜日、日曜日、祝日、年末年始等を除くAGSの営業日の9:00~17:00です。

ただし、利用約款の第5条に定める事由に該当する場合(システムメンテナンスなど)一時的にサービスを中断、または停止することがあります。
その場合は、ニューロウォッチャーサイトのお知らせに掲載いたします。

Q4

利用者が別のビルにいる。一緒に利用することはできる?

A4

インターネット環境があればどこからでもご利用いただけます。

Q5

利用にあたっての費用はどのくらいになるのでしょうか?

A5

企業情報:1,200円/件、財務情報:2,000円/件~、スコアリング信用格付:1,000円/件です。スコアリング信用格付の一括洗替は1件500円となります。各メニューはそれぞれ独立しておりますので、必要なときに必要なメニューだけを利用することが可能です。
与信管理ファイルは、月末現在の登録件数により1件あたり毎月100円です。
但し、与信管理ファイル全体の登録数が1件から9件の場合は、与信管理ファイル登録料は一律1,000円となります。
※金額はすべて税別です。

Q6

スコアリングで判定不能と出たが、その場合も料金がかかるのか?

A6

スコアリング判定不能の場合は無料となります。

システムについて

Q1

ニューロウォッチャーを利用するためには何が必要なのか?

A1

インターネットに接続できる環境があればご利用いただけます。
推奨ブラウザはMicrosoft Internet Explorer(IE) 11です。その他、オンラインヘルプ(操作マニュアル)をご覧頂くためにはアドビシステムズ社のAdobe Reader が必要です。

Q2

企業情報や財務情報のデータをダウンロードできる?

A2

企業情報と財務情報については、与信管理ファイルを作成して「総合判定表」ボタンを押すとPDFファイルを作成することができます。

Q3

与信管理ファイルのデータをダウンロードできる?

A3

与信管理ファイルに登録されたデータは、「ダウンロード」ボタンを押すことによりCSVファイルを作成することができます。信用格付・与信限度額などのデータを自由に加工することも、貴社の販売管理システム等へデータを取り込むことも可能です。

Q4

ダウンロードするCSVファイルって何?

A4

項目をカンマ(",")で区切っているテキストファイルを指します。Excelに保存するとデータの集計などに活用でき便利です。

Q5

ヘルプのPDFファイルって何?

A5

Adobe Systems社開発の電子文書のためのフォーマットで、クライアントの環境や機種によらず情報を再生することができます。PDF文書の表示にはAdobe Readerが必要です。アドビシステムズ社のホームページから無償でダウンロードすることができます。

内容について

Q1

ニューロウォッチャーの信用格付とTSR評点はリンクしているのか?

A1

信用格付にはAモデル(財務情報に基づく判定:A1~A9)とBモデル(企業情報に基づく判定:B1~B9)があり、弊社が独自に選定した評価対象項目の総合判定により格付を決定しています。TSR評点も判定対象項目の一部ですので格付判定に一定の影響があります。

Q2

大手企業や上場企業の子会社である場合、格付けに影響するのか?

A2

信用格付は、当該企業の財務情報または企業情報データに基づいて判定しております。親会社や関係会社の評価は格付判定に影響を与えません。

Q3

信用格付のランク(1~9)をどのように判断したらよいのか、取引可否の基準となるようなものはあるか?

A3

信用格付ランク(1~9)は、過去の倒産実績データに基づいて弊社が計算した「予測年間倒産率」によって定義されています。取引の可否を具体的にどの格付ランクを基準として判断するかは各利用企業様の与信政策により異なりますが、ニューロウォッチャーで算出される「与信限度額」を判断の基準として活用すれば、貴社が負担する信用リスク評価額を一定金額にするよう管理することができます。

Q4

スコアリング信用格付をしたが、判定不能と出てしまった。なぜか?

A4

格付判定対象企業のデータ内容が以下の場合は、格付判定を行いません。
  1. 判定対象業種
    金融・保険業など一部のサービス業および個人事業主は判定対象外となります。詳しくは「ニューロウォッチャー登録業種一覧」をご参照ください。
  2. データの欠落
    格付判定の評価対象項目となっているデータが欠落している場合は判定不能となります。  
  3. データの陳腐化
    判定対象データの決算月が、判定月から起算して2年(24ヶ月)以上経過している場合は判定対象外となります。
    ただし、古いデータによる格付を希望する場合は、過去に遡って判定することも可能です。
  4. 倒産企業
    TSRが「倒産」と認定した企業は判定対象外となります。

Q5

信用格付の「A」と「B」の違いは?

A5

信用格付は、Aモデル(財務情報に基づく判定)とBモデル(企業情報に基づく判定)の2種類のスコアリングモデルを使用して判定しています。どちらのモデルを判定するかはシステムが自動的に選択し、Aモデルで判定した場合はA1~A9、Bモデルで判定した場合はB1~B9の判定結果が表示されます。
モデルA/Bの選択は、決算月が判定月から起算して1年7ケ月以内の財務情報が登録されている場合はAモデルを選択しますが、1年8ケ月以上の場合はBモデルを選択します。財務情報がなく企業情報のみ登録されている場合はBモデルを選択します。

Q6

銀行の情報も加味されているのか?

A6

データの提供元は東京商工リサーチ社です。銀行が保有している企業データは一切使用しておりません。

Q7

データの更新頻度は?

A7

毎月1回(15日頃)にデータの更新を行っております。与信管理ファイル内で「継続管理設定をする」と指定された企業についてデータ更新があった場合は、登録されたe-mailアドレスに変更があった旨のお知らせが届きます。

Q8

企業サーチで検索しても該当なしとなる?

A8

TSR データにお取引先が登録されていないケースもございますが、検索方法により該当なしとなってしまう場合もあります。「株式会社」「有限会社」「(株)」「(有)」などの法人格は省略して会社名だけを入力してください。法人格を入力すると該当なしとなり正しく検索できません。
また、該当なしとなった場合でも貴社が独自に財務情報を入手可能であれば、決算書エントリー機能で財務情報を入力することにより信用格付を判定することができます。

Q9

自社で入手し決算書エントリー機能で登録した取引先データの取扱いは?

A9

貴社が決算書エントリーに登録された財務情報は貴社のみがご利用いただけます。貴社以外のご利用会員は貴社が登録した財務情報を利用することは一切できません。

Q10

スコアリングモデルや信用リスク率(倒産発生率)の見直しのタイミングは?

A10

スコアリングモデルの見直しは以下の目的とタイミングで行っています。

  1. 業種別・地域別倒産率の変動に伴うモデルの調整(月1回)
  2. 経済状勢の変動に伴う倒産特性の変化を反映したモデルの更新(年1回以上)

モデルの見直しを行った場合はニューロウォッチャーサイトのお知らせに掲示いたします。

Q11

スコアリング信用格付見直しのタイミングは?

A11

スコアリング信用格付は以下のタイミングで見直しがかけられます。(月1回)

  1. 東京商工リサーチ社より提供される企業情報・財務情報の更新
  2. 経済環境の変動による倒産率の改善・悪化

Q12

スコアリングモデルや格付の変更があった場合、取引先のスコアリング結果や与信限度額は自動的に変わるのか?

A12

スコアリングモデルの見直しや情報の更新によるスコアリング信用格付の変更があっても、お客様がスコアリングや再計算を実行されない限り結果は修正されません。

与信管理ファイルのスコアリング実行ボタンをクリックすると、最新のモデル及び企業データに基づく格付が表示されます。与信限度額算出実行ボタンをクリックして更新ボタンをクリックすると、最新の格付に基づく与信限度額が算出されます。
また、一括洗替を選択されている場合は一括洗替ボタンで対象企業のスコアリング信用格付と与信限度額を一括で変更することができます。

Q13

一括洗替のタイミングは年に一回の決算後?

A13

決算内容が更新されるタイミングで信用格付の洗替をするのが通常ですが、頻繁にデータが更新される企業もありますので、継続管理を行い変化があればその都度洗替することをお勧めします。

その他のご質問

Q1

ニューロウォッチャーで見た企業の調査依頼は可能か?

A1

弊社では信用調査の依頼を受け付けておりません。恐れ入りますが調査機関に直接お問い合わせ下さいますようお願いいたします。

Q2

パスワードを忘れてしまったが、どうすればよいか?

A2

ニューロウォッチャーではお客様番号、ユーザID、パスワードを使用しています。

お客様番号 : お客様固有の番号です。
ユーザID : お申し込み時にお渡しした全権管理者IDとご利用後お客様が追加したIDがあります。
パスワード : 各ユーザID毎に設定されています。

パスワードの間違いの原因には、全角文字で入力されていたり、アルファベットの大文字と小文字が正しく入力されていないケースなどが考えられます。

全権管理者のユーザIDやパスワードを忘れてしまった場合は下記「全権管理者パスワード再発行依頼書」をダウンロードして印刷し、ご記入の上恐れ入りますが郵送にてご依頼ください。

こちらをクリックしてダウンロード → 全権管理者パスワード再発行依頼書

Q3

社名が変更になった、住所が変った、全権管理者が異動になった、口座番号を変更したい。

A3

社名や住所、全権管理者の交代、請求先の口座番号の変更など、ニューロウォッチャーに登録されているお客様情報が変更になった場合は、下記「ユーザ情報変更依頼書」をダウンロードして印刷し、ご記入の上恐れ入りますが郵送にてご依頼ください。

こちらをクリックしてダウンロード →ユーザ情報変更依頼書

また、会社名、代表者名、口座番号などが変更される場合は、口座振替依頼書が必要になりますのでお電話にてご依頼ください。

TEL 048‐877‐3359 (受付時間 平日9:00~17:00)