与信管理とは



取引先の評価・選定を行い、取引先の信用リスクを考慮した取引金額の設定により、売掛債権をきちんと回収することが与信管理です。

従来型与信管理の問題点

(1)情報収集
  • 情報収集に時間がかかる
  • 必要な情報が入手できない
  • 情報入手コストが高い
(2)取引先審査
  • 審査担当者の経験とノウハウに依存している部分が大きい
  • 会社で統一された判断基準がない
  • 審査担当者と営業担当者の意見が食い違う場合に調整が難しい
(3)継続管理
  • 営業担当者が取引先の信用状態の変化を全て把握するのは難しい
  • 新規取引開始時は厳しく審査するが、その後の見直しは行われていない

担当者の主観的な判断も大変重要であり、また、取引先のほんの小さな兆候を見逃さずに先手を打って対応出来るかどうかという点では、担当者の経験とノウハウが必要です。
それらに加えて客観的なデータによる判断材料の一つとして、信用格付や与信限度額などの情報をご活用いただくことで、よりレベルの高い与信管理を実現することが可能となります。

ニューロウォッチャーによる与信管理

(1)情報収集
  • 取引先企業の企業情報・財務情報を照会できます
  • 必要な情報がすぐ入手できます
  • 利用しただけ課金する完全従量制です
(2)取引先審査
  • 金融機関の融資審査ノウハウに基づいた信用格付を提供
  • 9段階の細かな格付け、予測年間倒産率の明示
  • 格付+与信政策で最適な与信限度額を算出
(3)継続管理
  • 情報の変化はメールで通知(月次)
  • 格付・与信限度額の一括洗替機能
ニューロウォッチャーは貴社の与信管理業務の合理化・効率化を徹底的にサポートします。

与信管理サービスニューロウォッチャーの特徴についてはこちらから