スコアリングモデルの継続的改善

  • 与信管理サービス「ニューロウォッチャー」では、経済状況によって変化する企業倒産の動向を反映させるため、格付判定の心臓部である信用スコアリングモデルの見直しを毎年行っております。
  • 平成29年10月20日(金)を以って、以下の通り、スコアリングモデルを新しいモデル(2017年モデル)に移行しました。
  • これにより、一部企業の信用格付の判定結果に影響がありますので、あらかじめお知らせします。

1.新モデルへの移行スケジュール

  • システムメンテナンスによるサービス提供の休止
  • 新モデルによるサービスの再開

平成29年10月19日(木)19:00から 翌20日9:00まで

平成29年10月20日(金) 9:00から

2.現行モデルの評価(下表参照)

  1. 東京商工リサーチ社の全国企業倒産状況によると2016年の倒産件数は8,500件を割り、2017年も減少傾向にあり低水準で推移続けております。
    ニューロウォッチャーで格付可能な企業をみても、倒産件数は前年同期より年間約150件以上減少しています。
  2. ニューロウォッチャーの直近の倒産率実績においては、倒産件数の減少及び、格付可能企業数の増加により、結果的に「予測年間倒産率」の下限を切る状態が続いております。

(単位:%)

格付 1 2 3 4 5 6 7 8 9
予測年間倒産率 0〜
0.05
0.05~
0.1
0.1~
0.2
0.2~
0.4
0.4~
0.6
0.6~
1.0
1.0~
2.0
2.0~
4.0
4.0~
7.0
直近12ケ月間(2016/9~2017/8)倒産率実績 0.00 0.02 0.05 0.09 0.12 0.21 0.37 0.62 1.43

注)倒産率実績を算出したデータ(企業数、倒産件数)の詳細については、「過去の倒産実績」をご参照下さい。

注)倒産率の対象となる企業はニューロウォッチャーで格付可能業種、期間のみであります。

3.新モデル(2017年モデル)の特徴および改善点

上記の評価結果を踏まえ、以下の通りスコアリングモデルの変更を行いました。

  1. 上記の通り、倒産数の減少により倒産率は予測年間倒産率の下限を切る状態が続いております。しかしながら今後の経済状況については、まだまだ不透明な部分もあり、当面は予測年間倒産率の範囲については変更せずに状況を観察していきます。
  2. 倒産のうち中小企業がほぼ全体を占める状況となっています。中小企業では売上高は増加しているが、赤字企業も多く、現行モデルから引き続き収益性を重視しモデルを構築しました。
  3. 今後1年間の倒産件数の急激な増加はなく、前年同様8,500件程度(法人倒産のみ、個人事業主の倒産は除く)で推移するものと予測して格付判定の基準を設定しました。
  4. 現行モデルによる判定結果と比較して48.8%が変化なし、43.9%が1ランクの変化となっております。その比較については下記のとおりです。

格付が改善する企業・・・26.8%(うち1ランク改善22.3%)

格付に変化ない企業・・・48.8%

格付が悪化する企業・・・24.5%(うち1ランク悪化21.6%)

業種(6業種分類)別現行モデルとの判定結果比較表

業種 建設 製造 小売 サービス その他 全体
格付が2段階以上改善 3.7% 4.9% 3.9% 5.5% 6.5% 3.9% 4.5%
格付が1段階改善 20.3% 22.0% 21.2% 23.2% 21.9% 25.1% 22.3%
格付に変化なし 53.7% 47.4% 48.8% 48.5% 44.7% 46.2% 48.8%
格付が1段階悪化 19.0% 23.1% 23.4% 20.8% 24.1% 21.7% 21.6%
格付が2段階以上悪化 3.3% 2.5% 2.7% 2.0% 2.8% 3.1% 2.9%

4.新モデル(2017年モデル)での倒産発生率

(単位:%)

格付 1 2 3 4 5 6 7 8 9
予測年間倒産率 0〜
0.05
0.05~
0.1
0.1~
0.2
0.2~
0.4
0.4~
0.6
0.6~
1.0
1.0~
2.0
2.0~
4.0
4.0~
7.0
直近12ケ月間(2016/9~2017/8)倒産率実績 0.01 0.02 0.06 0.10 0.12 0.18 0.35 0.66 1.37

5.新旧スコアリングモデルの詳細比較

2017/9 評価用データによる比較

格付 1 2 3 4 5 6 7 8 9 合計
登録企業数(①)
(2017/9)
2016年モデル Aモデル 10,296 21,600 33,584 52,351 65,072 49,909 27,569 18,195 13,844 292,420
Bモデル 13,223 47,610 89,758 124,886 153,383 124,078 103,294 36,779 13,393 706,404
A+B(①) 23,519 69,210 123,342 177,237 218,455 173,987 130,863 54,974 27,237 998,824
2017年モデル Aモデル 8,874 18,044 33,104 49,076 65,434 53,267 31,039 19,792 13,790 292,420
Bモデル 12,649 49,921 90,275 127,135 145,585 120,669 106,986 40,032 13,152 706,404
A+B(①) 21,523 67,965 123,379 176,211 211,019 173,936 138,025 59,824 26,942 998,824
倒産件数(2015/9~2016/8) 2016年モデル(②) 1 16 64 153 268 357 488 341 393 2,081
2017年モデル(②) 2 16 76 173 254 318 477 396 369 2,081
倒産率(②÷①) 2016年モデル倒産率 0.00% 0.02% 0.05% 0.09% 0.12% 0.21% 0.37% 0.62% 1.44% 0.21%
2017年モデル倒産率 0.01% 0.02% 0.06% 0.10% 0.12% 0.18% 0.35% 0.66% 1.37% 0.21%

Aモデル:財務情報・企業情報に基づいて判定

Bモデル:企業情報に基づいて判定