SYSTEM
制度・教育

福利厚生・子育て支援

働きやすい環境

『働き方改革』の推進

働き方を抜本的に見直し、仕事と休暇のバランスや柔軟(多様)な働き方を実現し、社員にとって働きやすい会社となることを目指すもので、以下を今後5年間で達成する目標として掲げています。

  1. 有休取得率100%
  2. 所定労働時間内勤務(残業ゼロ)
  3. インターバル出勤100%(勤務と勤務の間に最低でも11時間確保するもの)

また、以前からフレックスタイム制度を導入しており、業務に合わせた柔軟な働き方ができるしくみになっています。

『健康経営』の推進

社員は「人財」であり、一人一人が健康で生き生きと働くことが会社とさらには社会の発展に貢献できると考え、社員の健康活動を支援する健康経営を推進しています。

具体的には以下のような取り組み(一例)を行っています。
  1. ウォーキング大会の開催
  2. リラクゼーションルームの設置(マッサージチェアや体組成計、血圧計もあります)
  3. インフルエンザの予防接種や健診費用の補助

健康相談室

産業医・看護師による、メンタルケア・フィジカルケアを行っています。

AED(自動体外式除細動器)を本社、浦和ソリューションセンターに設置しています。 

食堂

本社には社員食堂があり、カロリーに配慮した野菜たっぷりのウェルネスメニューや、東北応援メニューなど複数のメニューから選べます。

食堂のない勤務地では、昼食補助金の支給があります。

施設優遇利用など

  • 健康保険組合の福利厚生

    保養施設:保養所の優待利用(箱根、白樺湖など全国多数)、宿泊補助金の支給

    運動施設:スポーツクラブ、屋外運動場、フットサルコートなどの優遇利用

    イベント(任意参加):野球大会、ボーリング大会、ファミリーハイキングなど多数

  • スポーツクラブの割引利用(ルネサンス、セントラルスポーツ)

働きやすい制度

仕事と育児の両立支援制度

仕事と子育てを両立できる職場環境づくりに積極的に取り組んでいます。
(出産休暇、育児休業、育児短時間勤務、在宅勤務、子の看護休暇)
出産休暇・育児休業取得後は、多くの社員が復職しています。
また、男性社員も育児休業・子の看護休暇を取得しています。

  • 育児短時間勤務

    子供が小学3年生を終了するまで使用できる(法定義務を上回る)制度のため、育児中の社員に広く使われています。

  • 在宅勤務制度(テレワーク)の活用
  • 週1~3回程度、家で働いて子育てと仕事を両立している社員もいます。

    ※在宅勤務制度は育児をしていない社員も利用できます。

全社一斉退社日

リフレッシュ、自己啓発、家族とのコミュニケーションなどによる私生活の充実、および業務の効率化を図るため、毎週水曜日は全社員の定時退社を推進しています。

積立休暇制度

年次有給休暇は翌年度に最大20日まで繰り越すことができますが、繰り越せずに失効する年次有給休暇を最大100日まで積み立てることができます。

積立休暇は、傷病の治療に充てるほか、自己啓発や社会福祉活動などにも使用することができます。

社員持株会制度

社員の中長期的な資産形成と、モチベーションの向上につながる制度です。

拠出額に対して、会社から一定割合の奨励金が支給されるメリットがあります。

確定拠出年金制度

会社が拠出する掛金を資金として、自分で運用しながら老後の備えをする制度です。

運用商品が数多く用意されており、ライフサイクルに合わせた効果的な資産形成に活用できます。