ABOUT
AGSとは

AGSの仕事

AGSってどんな会社

AGS株式会社は、銀行のシステム子会社をルーツに持つ、埼玉県内で最大規模の独立系IT企業です。2014年3月には東証一部指定の上場企業となり、関東圏内で約1700人が働くAGSグループを率い、お客様とともにITで未来を実現する会社として現在も成長を続けています。

金融系、自治体系の業務ノウハウを持つとともに、自社データセンターを活用し、コンサルティングからシステム開発、運用までを、ワンストップサービスとして提供できるところが強みです。

社内環境としても、働きやすさと社員が成長できる環境には力を入れており、従来、社員の定着率の高さ(新卒入社3年後離職率の低さ)は、業界トップクラス。更に、2016年度には「健康経営」、「働き方改革」を掲げ、勤務間インターバル制度の導入などを行い、更なる飛躍を目指しています。

誠実で暖かい社風、お客様とともに会社も社員も成長していく会社、それがAGSです!

活動分野

金融 公共 法人
取引先・
業務内容
大手銀行向けのシステム開発・保守を始め、カード会社、保証会社など金融機関向けの様々な情報サービスを提供しています。 総合行政システムなど、埼玉県内・関東圏内の自治体向けの情報サービスと国民健康保険関連の仕事が主です。 法人分野として、金融・公共以外の様々な業界(共済、リース、製造業、不動産、小売、学校、医療機関など)のお客様にサービスを提供しています。
取引先・業務内容 金融 大手銀行向けのシステム開発・保守を始め、カード会社、保証会社など金融機関向けの様々な情報サービスを提供しています。 公共 総合行政システムなど、埼玉県内・関東圏内の自治体向けの情報サービスと国民健康保険関連の仕事が主です。 法人 法人分野として、金融・公共以外の様々な業界(共済、リース、製造業、不動産、小売、学校、医療機関など)のお客様にサービスを提供しています。

※製品・サービスの詳細は当社ホームページをご覧ください

上記のようにBtoBの分野で幅広く活動し、様々な業界のお客様をITで支えています。
また、社員として、どの分野を担当するかによってもシステムエンジニアや営業の仕事は変わってきますので、どんな分野で成長したいか、活躍したいか、ぜひイメージしてみてください。

AGSのビジネスモデル

『ワンストップサービス』

これがAGSのビジネスの大きな特長です。

システムエンジニアがソリューションを設計、開発する「SIビジネス」を成長エンジンとし、最先端の自社データセンター等を活用した「情報処理サービス」を主要事業とする。

これにより、AGSは、コンサルティングから開発、運用までを一体的に、柔軟かつスピーディーに提供する「ワンストップサービス」を実現しています。これは、特定のフェーズ、仕事内容に偏らず、「お客様のビジネス全体」をサポートできるということです。

更に、
『金融・公共・法人と幅広い業界に向けてサービスを提供する』
『顧客密着を重視し、付加価値の高いサービスを提供する。』
といった特長とあわせて、AGSは安定した力強い経営を実現しています。
そして、社員が働くうえでも、様々な分野で活躍し、お客様のビジネス全体を支える/変えていく仕事を行うことができる会社となっています。

AGS情報セキュリティソリューションマップ

インフラエンジニアの仕事とは
AGSでは、最適なサーバー、ネットワーク、セキュリティ環境を設計・構築する「インフラエンジニア」という職種も募集しています。
仮想化技術でクラウドサービスを構築したり、最適なネットワーク構成を検討・設計したり、サイバー攻撃からお客様を守るために高度なセキュリティ策を講じたりと、クライアントが求めるインフラ環境を作り上げ、運用・整備を行うことが仕事です。
私たちが普段何気なく使っているネットワーク環境を作り、快適に使えるよう整備するエンジニアですので、IT業界における「縁の下の力持ち」ともいわれます。
ITインフラの専門知識と経験が必要ですが、インフラエンジニアとして採用された方は新人研修後にインフラ専門部署に配属され、OJT研修によって一からスキルを習得できますので、未経験でも着実にスキルを高めることができます。
ネットワークを整備し、基盤を支える仕事のため、IT業界への貢献度は大きいのです。
また、インフラエンジニアが果たしている役割は非常に重要でシステムの正常稼働に必要不可欠な存在です。
"IT業界を支える"技術者として活躍してみませんか。
※図は、コンサルティングから社内端末まで、全方位に展開するAGSのセキュリティソリューションを示した概要図です。これらもインフラエンジニアの仕事の一つです。

ソリューション事例

法人向け事業の事例 汎用サービス「マイナンバー対応ソリューション」

AGSのITサービスが、お客様の事業を支えるインフラとなり、社会を支えている
個人番号法の施行により、従業員とその扶養家族の個人番号を厳格に管理することが企業の義務となっています。その管理を支援するのがAGSの「マイナンバー対応ソリューション」。大手企業から中堅・小規模企業まで、約300社に利用して頂いています。
収集・保管・利用・廃棄まで一連の対応を支援する「マイナンバー管理サービス」は企業内で使われるクラウドサービスで、個人番号や証憑の収集を代行する「収集代行サービス」は、AGSのデータセンター内で収集・データ化を行うサービスです。
マイナンバー管理サービスの新規開発プロジェクトには、法人システム第一部を中心に、若手社員も含めた多くの社員が関わりました。AGSは、特定企業向けの受託開発も行っていますが、マイナンバー管理サービスのようなクラウドサービス、汎用的なサービスも得意としています。
多くの若手社員が、こういったサービスの新規開発プロジェクトや、企業への導入支援、保守開発などに関わっています。法人分野や金融分野のシステムエンジニアやインフラエンジニアを志望する方は、高い技術で新たな価値を提供できるエンジニアを目指してください。

公共向け事業の事例 自治体様向け「総合行政システム」 

AGSのクラウド技術が、自治体運営の効率化と住民サービス向上を支援していく
自治体の運営にもITは欠かせません。役所の中で行われている行政運営の全般を支援するのがAGSの「総合行政システム Publinker」。埼玉県、関東圏内の自治体に利用して頂いています。
Publinkerはパッケージシステムとして、住民基本台帳、国民年金・介護保険、住民税などの税務関連、社会保障・福祉関連、選挙などの機能のほか、役所内の人事管理の機能を備えています。各自治体への導入や保守開発には、公共事業本部の多くの社員が関わっています。
総合行政システムを提供するためには、IT技術だけでなく、行政運営を熟知する必要があるところが特徴です。公共分野のシステムエンジニアを志望する方は、技術屋に留まらない、業務知識のスペシャリストを目指してください。

AGSのデータセンター「さいたまiDC」について

AGSは、強固な事業継続能力、高度なセキュリティを備えた最先端の都市型データセンターを保有しています。

データセンター内の仕事は、運用担当の社員、スタッフが行っており、システムエンジニアやインフラエンジニアの仕事ではありません。しかし、システムエンジニアやインフラエンジニアが構築したシステムが実際に稼働する場所として、24時間365日、お客様の手元にサービスを届ける役割を果たしています。ぜひ注目してみてください!